東京ゲームショウ2016

さて、今年で、東京ゲームショウ20周年ですね
思えばゲームショウでゲームしようなんてダジャレみたいなキャッチフレーズで始まったゲームショウですが、
今や出展数614社、来場者数271,224人とかなりのビックイベントになりました。
そんなイベントに5年連続で見に行っている私ですが、今年は不覚にも事前チケットを買い忘れるという失態をしてしまい、
初の当日チケットにて入場することに。。。
なんだか当日チケットのほうが、イメージキャラクターが描かれており、価値がありそうな気がします。
開場1時間前から待っているとぞろぞろと後から並び始め、30分であっという間に某同人イベントを彷彿とさせる位になり、
このイベントへの関心が高まっていることが見受けられました。

今年は、PSVR、が発売されるということもあり、一般開場すぐにPSVRへ急ぎ足で向かったのですが、
すでに整理券は終了しており、(まぁ整理券がほしいならサポータチケットを買えってことですかね)
整理券のキャンセル待ち待機列に並ぶことに(私が並んだあとに整理券キャンセル待ち待機列もストップしたので、ギリギリセーフでした。)

そして、待つことおよそ3~4時間、なんとかPSVR体験することが出来ました!!
いくつかある体験ソフトの中でも、私個人的には、アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューションを期待していたのですが、
体験したソフトはバンダイナムコエンターテインメントさんのサマーレッスン!!
「このソフトの存在を忘れていた 不覚!!」
3D酔いする私にはこのような動きの激しいソフトじゃなかったのがありがたかったです。
ヒロインが非常にかわいらしく、ヒロインとの初対面でにやけてしまいました(恥ずかし///)
女性耐性のほぼない私はこのようなかわいい女の子にぐっと顔を近付けられると本能的に避けようとしてしまうのが悲しい。。。(美少女が出現するVRならほぼ定番になってますが。。。)
ヒロインの宮本ひかり ちゃんとの会話を楽しみ

感想としては、「宮本ひかりちゃんかわいい!!!」。。。
まじめに感想を書くと、
「OculusRiftが10万近くするのに対し、PSVRはおよそ4万円なので、画質などにはまったく期待していなかったが、画質としては遜色なく、これなら欲しい」と思わせる出来でした。(宮本ひかり補正が入ってるかもしれませんが)

他には、ハコスコを使った、スマホゲームオルタナティブガールズや、ジェムドロップさんのヘディング工場などVRデバイスを用いたソフトウェアの展示が目立ちました。

また、このようなVRデバイスを動作させるために必要なゲーミングPCも多数出展されており、
全体的にVRを意識されたものの出展が目立った印象です。
およそ2年前に私がVRソフトを開発していた環境から考えると羨ましい限りです。

いつかHoloLensも体験してみたいものですね。

[PR]
by amedama_voice | 2016-09-21 17:15 | 徒然なる日記 | Trackback

ドジだけれど愛するあなたの為なら頑張ってくれる
そんな天使ハニエルの頑張る姿を想像しながら聞いていただけると
なんだか「自分も もうちょっと頑張ってみようかな」って思える作品です。
ハニエルかわいいですね。

[PR]
by amedama_voice | 2016-09-14 17:03 | 音声作品 | Trackback

ある日、私の恩師は言った
「Unityは無限に広がる広い部屋を提供してくれている ここは自分の好きなことが実現できるまさに夢のような世界なんだ」と
ボブ・ロスの「ここはあなたの世界なんです、自由に描いてください」バリの発言に
当時、卒業研究作品でOculusRiftを使ってなにを作ろうかと悩んでいた私と友人は言葉に感動したのを今でも覚えている。
すでにOculusRiftは使いたいと思っていた私と友人は最終的に電気街で有名なあの町をMMDキャラクターと散策しようと決めて制作を始めた。

そんな、私たちの姿を羨ましく思ったのか、
もとよりそうするつもりだったのか分からないが、
恩師はツインテールが魅力的な某電子歌姫と会話をする作品を目を輝かせながら作り始めた。

新しい機能を追加するたびに私を呼んで動作確認をさせて、私がその機能に驚くと満足そうな顔をして、
ニコニコしてる姿はとてもかっこ良く自分もこんな大人になりたいと思った。

そして、卒業研究作品発表日、クラスに並べられた生徒の作品に混じって恩師の作品も並んでいた。
機能としては
ユーザの見ている場所を取得して、見ている場所によってMMDキャラクターが表情を変えたり
ある特定の決まった話しかけられた言葉に対して、反応したり
顔を認識して、知ってる顔だと顔を赤らめてくれたり
といった
まさにニコニコ動画にアップした日には「変態に知識を与えた結果」タグが付くことが容易に想像できる物であったが

壮大な前振りになってしまったが、
今回は、その時に使っていた技術でMMDAgentというのがあり、
その技術のユーザーミーティング「MMDAgent DAY!」が名古屋工業大学で2016年10月1日に開催するとのことで、
場所的にもそんなに遠くなく、どなたでも参加無料とのことで知識のある変態同志の作品を覗きに行こうかと思います。

[PR]
by amedama_voice | 2016-09-01 14:22 | 名状しがたいIT | Trackback